13           
             

 何時見ても変わらぬここ下通りの風景、何が起きようと我感知せずの都会とは違い他人のことには何でも関心を持つくせに自分の事は例え指摘されたとしても、なんにもわからぬ県民性・・・?

 今夜も売卜の為にここ下通りに店を出して早1時間、未だ誰も来ず暇なので持参した本を読んで相談者の御到来を待つことにした。
 それからしばらくして「こんばんは」と声がしたので顔をあげると目の前にひとりの女性が立っていた、今夜の最初の相談者である。

 「はい。何を拝見しましょうか?」と声をかけると、
 「わたしの今後を見て下さい」とのことである。 また腕試しかと思い少し腹が立つ自分がいるが、これも売卜の為には仕方のないことと割り切り見てみることにした。
 断易にて卦をたててみれば山火賁を表出、やはりと思い
 「あなたは今三角関係で苦しんでいますね」と切り出した、するとあっさりと
 「そうです」との答えが返ってきた。動爻あり世爻も剋去されいずれはひとり飛ばされ傷つく身、しかし今それを言ってもこの人相では聞く耳持たぬであろう、しかし、
 「今後は心の戦いが増しあなたも相手もその戦いに巻き込まれて後悔の人生を送るでしょう」と答えるしかなかった。

 「その先はどうなりますか?」と更に質ねてくるので、
 「行き着くとこまで行くでしょう」と断言した。

 何でも自分だけが良ければそれでいい社会の風潮、他人に迷惑をかけていてもそ知らぬ振りで済ませる誤った社会、他国から領土を乗っ盗られても奪い返すこともできないこの国とおんなじ人間の業とその欲望・・・理想ばかり言い続ける既存の宗教、自分は苦労することがないため何にも知らぬ代表・・・

 占断が自分の気に入らぬ答えであろうか、見料をさっと置くと黙して帰って行った。
 いつも思うがこの仕事はサービス業ではないのだ・・・



続いて来たのは男性、物腰柔らかそうであるが果たして、
 「実は昨日スピード違反をしたようで捕まりますでしょうか?」との問占である。それは違反すれば当然オービスが反応するであろうと思うが仕方なしに占断すると、
厳しい顔が出ているではないか、従って、
 「もう無理ですね、ここ2〜3日位にハガキが届くでしょう」と伝えると、とても困った顔になり
 「なんとかできませんか?」と喰い下がるので、
 「これはもう駄目です、しかも公務員などの場合にはその職業を知られてしまいますし報告されますので」と答えるしかなかった。
 飲酒・スピード・無免許を交通3悪と呼ばれて久しい。どうしようもないので認めてスッキリしたがいいことを伝えるしかなかった。

 熊本の県民性か、他人の事にはなんでも干渉し続け誤った知識を吹き込まれているにも係わらずそれを信じ続ける、またその行動は全て把握されているにも係わらず何にも知らないと思う無知蒙昧人物、わざわざ隣の市にまで越境して深夜まで他人に迷惑騒音を撒き散らす外道・・・・  そんなこんなを思っていたらもう帰る時間が過ぎていたことに気付き急いで帰り支度を始めたここ下通り商店街であった・・・・・・・



 ここ下通りはその通行量は多く特に日曜祭日には何倍にも溢れる状況になる。
しかし殿様商売に客の心さえ掴めぬ田舎言葉に田舎商売。当時は長くは続かず
その内一軒二軒と閉店して行くと読んでいたら10年もしないうちにその通りになっ
てシャッター街との言葉も踊るようになり豫言は的中した。
 県外大手の資本が来て郊外に無料駐車場をも兼ね備えた大店舗を誕生させた
ことでお客はそちらに流れて行き誰も地元に金を落とさなくなったのである。

 どちらがお客かわからぬもの言い、口の利きかたさえわからぬぼけ店員のいる
店舗にわざわざ高い駐車料金と待たされ時間まで犠牲にして行く必要もない。

 さて今夜のお客は女性の二人連れ。
 「見て下さい」と言い、この二人は互いに手を握っている。なるほどそうか!とすぐ
わかったが少し脅かしてやろうと思い、
 「おふたりはこれから自由な生活をされるようですが、二年後に大きな事それも
男性が現われて窮地にたちますよ」と豫言した。すると、
 「えっ、そんなのが出ているの?、まだ何にもそんな事もなく、その男性とはどんな
関係ですか?」と聞くのでこのふたりのレズのうちの一方がその男に惹かれていく
ことでこの二人の仲が破局となることを現すのでそのことを説明した。すると、
ムッとした顔で、
 「それ当たらないよ、そんなことある訳がないです!」と言う。そこで当たるか外れ
るか二年後にはわかるので、その時また来れば答えは出ているよ、と言うと、
料金をポンと置き帰って行ったのであった。今だけでは無く未来を見るのも占い師
の仕事なんだよ・・・・・



続きを読む


街占物語



BACK