何時見ても変わらぬここ下通りの風景、何が起きようと我感知せずの都会とは違い他人のことには何でも関心を
持つくせに自分の事は例え指摘されたとしても、なんにもわからぬ県民性・・・?

 今夜も売卜の為にここ下通りに店を出して早1時間、未だ誰も来ず暇なので持参した本を読んで相談者の御到来を
待つことにした。
 それからしばらくして「こんばんは」と声がしたので顔をあげると目の前にひとりの女性が立っていた、今夜
の最初の相談者である。
 「はい。何を拝見しましょうか?」と声をかけると、
 「わたしの今後を見て下さい」とのことである。 また腕試しかと思い少し腹が立つ自分がいるが、これも売卜
の為には仕方のないことと割り切り見てみることにした。
 断易にて卦をたててみれば山火賁を表出、やはりと思い
 「あなたは今三角関係で苦しんでいますね」と切り出した、するとあっさりと
 「そうです」との答えが返ってきた。動爻あり世爻も剋去されいずれはひとり飛ばされ傷つく身、しかし今それを言っ
てもこの人相では聞く耳持たぬであろう、

しかし、
 「今後は心の戦いが増しあなたも相手もその戦いに巻き込まれて後悔の人生を送るでしょう」と答えるしかなか
った。
 「その先はどうなりますか?」と更に質ねてくるので、
 「行き着くとこまで行くでしょう」と断言した。

 何でも自分だけが良ければそれでいい社会の風潮、他人に迷惑をかけていてもそ知らぬ振りで済ませる誤った
社会、他国から領土を乗っ盗られても奪い返すこともできないこの国とおんなじ人間の業とその欲望・・・理想
ばかり言い続ける既存の宗教、自分は苦労することがないため何にも知らぬ代表・・・

 占断が自分の気に入らぬ答えであろうか、見料をさっと置くと黙して帰って行った。
 いつも思うがこの仕事はサービス業ではないのだ・・・



 次に来た相談者は年配の御婦人、迷っているようであるがこちらに近付くと、
 「見てもらえるかしら」と言い手を指し出す。その手を見ればナイーブな性格であり物事熱心であるが、顔には
恋愛相が出ていて今苦悶していることがわかる。そこで、

 「今男性とのことでお悩みですね」と伝えると、
 「わかりますか?」との応えが返ってきた。
 「わかりますよ、相手とのことを見ればいいのですね?」と聞くと
 「はい」と言うので、この時はその和風美人のお顔に現れている相にて占断したが、相手の男は見かけに似合わ
ず遊び人のようでこの相談者が騙されていることがわかる。面長の年下の男性のようであるので、すぐに聞いて
みると、

 「どうしてわかったの?」とまた感嘆の声を挙げる。

 そしてそのことをはっきり断言して何れ別れもくるであろうが

 「やめておくことですよ、お金もかなり消えていきそうです。」と伝えたものだから、気に触ったのであろう
何にも話さず見料を机にさっと置くと飲み屋街の方向へ足早に帰って行った。居酒屋の女将であろう。

 男と女の世界は魔カ不思議な世界であり、ここ銀座通りもその世界が日々クロスする今夜の街占であった。



もっと見る

BACK