13            

 今日の街占は銀座通りで行うことにした。なぜならいつもの場所は工事があっていて通行も侭ならないためである。
 そんななか果たして相談者は来るのだろうかと考えるが、駄目なときには場所を移動しようと考えていた。
しかしそんな心配は無用で出店するとすぐに相談者が訪れた。

 「こんばんは」と言い見台の前に立つ。年の頃30前くらいの女性である。顔には悲しみの相が出ている。

 「何をみましょうか」と聞いてみれば、「はい」と小さな声で返事したあと黙す。そこで、
 「今貴女は悲しいことがありましたね、それも交際のことでしょう」と断言した。すると、びっくりした様が顔に出て、
 「わかるんですね?」と返事をした。そこで、
 「もうここには20年近く出していますから何でもわかりますよ」と自画自賛すると、
この相談者の顔には笑みが表れ、そして色々と話してくれたのである。

 交際して5年、結婚まで考えていた男性がいたが転勤となり外国に行くことになった。
そのためついて行くかどうかと悩み考えたが両親の猛反対に遭い別れることになった
と言う。

 5年も交際して反対する親も親と想うがこの相談者の顔に出ている悲しみの相は別れ
がこの男性だけではないことを示しているのだ、そして今それも告げようかどうしようか
迷う自分がいるのだ。今それを告げれば更なる悲しみや不安をこの相談者に与えてしま
う・・・

 またその悲運を的中させたとしても聞かれもしないことを答えて最後は憎しみが?残る
かも知れない、等と考え自信はあるが告げないことにした。但し遠回しには伝えることに
した。併せて断易でも占断してみると世爻休囚両親父母爻勢い無く壊れる容がやはり出
ている。そこで、

 「この男性とは諦め切れないかも知れない象が出ていますが時間が解決して行くことに
なります、ただその間御両親の健康には気を遣うことも大事ですよ、反対はされても」と
伝えた。すると、

 「ありがとうございました」と言うと見料を置き急ぎ足で下通りの人込みの中に見えな
くなって行った。

 これで良かったかは気になるところではあるが自己の責務は果たしたと自分に言い聞
かせて次の相談者の求めに応じた。


 「私の母が今病気をしていますが何時になれば良くなりますか?」との質問。

 人間病気ほど辛いものは無い、金運がないのも辛いが病気はその比ではない。そこで、
 「わかりました」と言い断易で拝見すれば官鬼の勢いはまだ強いが先では弱くなり衰え
る象、そして父母も今は弱体ではあるが先では勢いを回復させてくる象が出た。そこで、

 「今は大変ですがあと3ヶ月もすると回復の兆しが出ますから心配いりませんよ」と
答えると、
 「ほんとうですか?良かったぁ」と言うので、
 「それから貴女の家には椿の木がありますね、先では取り除いた方がいいです、障りを
もたらしますので」とも伝えると、

 「そうなんですか?」と言うので、その取り除き方を教えたことで、来た時とは違う明
るい顔になり、雨になりだした銀座通りを歩いて行く後姿になった・・・・・・


 それからここ銀座通りは雨の影響を受ける場所であり下通りは雨の影響はないが工事
中でもあり今夜は早仕舞いして赤ちょうちんに行くことにした。


続きを読む

BACK