ここ下通りに出して15年が経過すると固定の相談者・お客も増え食事や飲みにも誘われる事も多い。しかし自分自身は人と賑やかに騒ぎながら過ごすと云う事は得意ではなくそんな点は招待される人から見れば不満なのであろう。誘う人の顔を見た瞬間悪霊がついていたり、悲しんでいる人の姿が見えたときにどうして愉しく酒など飲んでいられようか?

 今では手ほどきして戴いた師匠も遷化されたこの下通りにも日々出店する気力など失せてきている自分がいるのだ・・
 見台の製作に行灯の作り方、出店する場所シマの存在に人脈全てが自分を育てて戴いた血の結晶と言うべきものであった。
 
 またそんな自分を頼ってきて戴いた相談者の方々の顔も走馬灯のように浮かんでは消えて行くこの街占・・・・・


 今夜はやけに底冷えがすると思ったらシベリア寒気団が到来するらしい、そして

 「こんばんは。見てもらえますか?」と勤め帰り風な女性が目の前に立った。しかしその声とは裏腹に顔色がおかしい、どうもトラブルを抱えているようだ。そこで、

 「今異性と揉め事を起こしていますね、しかも相手は二人でしょう?」と突っ込んできいた、すると見事に当たりのようで、
 「そうです、どうしてわかったのですか?」とビックリされ、
 「今からどうなって行くでしょうか?」と言う。

 きれいな顔の女性なので男は美人に弱いと云うか同時に二人の男性と交際し、つい先日二人にバレタとのこと。そのことで大喧嘩となり警察まで出動する事態になったらしい。

 世の中には自分のかわいい顔や人からきれいだね、と言われることを武器にして男を手玉に盗る女も数多く見てきた、しかしそれもそれだけの価値しかない女のさだめであるし、それなりの世界でしか生きてはいけないのである。終いにはボロボロとなり悪鬼の世界
でその一生を終わればいいのではないか、その時に助けを呼んでもその声など届く筈もないから。

 その後間に知り合いの人が入り今は少し落ち着いた状況だと言う、 そこで詳しく調べてみることにした。

 この女性の星は一人の男性ではどうしても修まらない不幸の星、それにたいして相手の男性の一人は一途に思う星であり、これは段々この女性が不満を持ち、当然他の男性にと走る姿が現れたのである。
「閑話休題」

 近年未婚者の増加が社会問題となっているのはいまの安倍政権が非正規雇用を増大させたため男性の収入がガタ落ちとなり結婚できない・結婚しても親に頼らないと生活できない現状が災いとなっているのだ。口先ばかりの税金掠め取りの政権がこの国を益々衰退させて行くのだ。


 そこで、
 「今後は貴女の魔性が強く現れてどちらとも別れがきます。しかしまた警察の厄介になるようです。男の気持ちを玩ぶ心は身を滅ぼしま
す」と伝えた。
 それを聞くと女性特有のプイとの横顔を見せ、見料を机に投げるように置き帰って行った。


 直ぐに次の相談者が来る、また女性の相談者である。一見おとなしそうな人に見えるが目の奥にある魔性を見逃す事はない自分がいる。

 「何を観ましょうか」と聞けば、
 「聞かなくても判るンんでしょう?」と言う。そこで、
 「詳しく観る為にお聞きしていますがそう言われれば構いませんよ」と答え、ついつい厳しく答えていくことにして、
 「貴女は金が命でしょう」と言うと、さもありなん黙したままになる。  そして、

 「そう言われればお金は大事です」と言うので、

 「大事どころではなくお金のある人だけしか目に入らないで失敗ばかりして行きます今も今後も・・・・・」と答えた、すると
 お金を見てどこが悪いのよ!」と食い下がる魔性の女・・・・

 「お金は命の次に大事なんだよ」とついつい激しい口調になり告げた、そのためここからは会話は成さず早々にお引取り戴い
た今夜の街占であった。

 時計を見ればもう夜中の2時になろうとしていた。





御相談の方法


戻る