相談実例175

 方位の恐ろしさは意外と知られていない。今迄何万人もその被害に遭った人を見てきた。しかし、それが方位の
災いつまり方災と云うことを知らない・方災に気が付かない人が殆どである。
 本県でも食わせ物の占い師気取りが八代から熊本市内に吉方位ですよと言い引っ越しさせて原因不明の病気に
罹らせ苦しませたり、毒タ子派なる男が日本からアメリカを東方位と見て移転させ大病に貶めたりする実例が何万
件も発生している。
 
 よくこう云うところで見てもらうなと感心してしまう。時には命さえ落とすことも興る方位の災い、今回はその実例
のほんのひとつである。


 身体の調子が良くないと言う相談者、暗い顔をしていて身内の心配が出ている。何時頃から良くないのか聞いて
みれば「今年の一月くらいからです」と言う。
 神前でみてみれば霊障害はないようだが転居の災いつまり方災と出た。 病院に行き診察をうけても特に悪いと
ころはないと言われたとのこと。
 詳しく転居の年月を聞いてみると、何と驚いたことに暗剣殺方位に転居していることが判明した。寺の坊主が
「占い師」気取りでしかも国土地○○の地図さえも持たずに勝手に東方位とか北方位とか、のたまうのだ。

 また日銭稼ぎに忙しい熊本の占い屋が感で南方位とか南西方位とか言い相談者を奇病や交通事故に遭わせる
のだ。

 今回の相談者も流石に理解したようでこちらの言う通りに行動したことで後日すっかり元の元気な身体になったの
である。


 相談実例176
 「運勢が良くない」との事で来堂の相談者。後ろには男性が立っているのが見える、もちろんこの世の男性ではな
い。良くないのはこの亡くなりし男性が霊障害を引起こし、この女性相談者に災難が襲う。深い事情がある事くらい
見ればわかると云うものだ。○○で○○が起きて苦しめられる○○。
 そこでそれらの事を伝えると本人も覚えがあるようだ。調伏祈祷をすれば退治できる自信はあるのだがいかんせ
ん本人が希望しなければ余計なお世話である。答えを出しても依頼されなければする必要もない。

 思った通りに、また考えてからにします、とのことで当祈祷院を後にした。

 これからも一生この女性にとり憑いて苦しめたり、災難を引きおこして行くのだろう・・・・

BACK