今夜もまたここ熊本市の繁華街に出店する。                        龍神堂本部

 今想えば5歳の時に母の田舎で大きな霊体験をしたことがこの道へと進む足掛かりとなった。そして小学3年生の時
親の転勤により転校となり、近所に住む修験道の行者(僧侶)及び霊能者の女性先生の家に出入りすることになり、
これが今日の事を約束していたのであろう。

 またその霊能者の先生が言うには「あんたには今に人の運命を変える力が働くから今は一所懸命学校の勉強をしな
さい」と言われていたのを想いだす。しかし、学校の勉強よりも人の運命やそこにお伺いをしに来る人達が来た時の
暗い顔から、帰りにはとても明るい顔になってその祈祷院から帰って行くのが凄いなと思い、とても不思議で楽しかっ
たのを子供心なりに想い出す。



 さて今夜の第1号のお客さんは女性、しかも商売をしていると云う。今日は日曜日なので多分休日で街まで買い物に
来たようだ。

「何がわかるの?商売の事もわかるのであれが見てもらおうかな?」と言われるので、
 「大丈夫ですよ、ここに出してもう10年近くになりますので」と、自己宣伝のトークをしてこの女性のお顔に目を移
せば、

 なんと近々波乱がありそうなことがわかる、しかし直接言うのは避け、
 「近々取引関係なども相手の信用面など心を配ることも必要で、特に受け取り手形などに注意が要りますよ」と告げ
ると、
 「えっ、そうなの、確かに商売だから手形での決裁はありますよ」と言われるので、 やはりと思うが、

 「充分注意されて下さい、特に暮れの11月から12月が星が弱いですから」と伝えると、そうかな?ともとれる顔をさ
れた。
 そして、見料を粗末な机に置くと人混みの中に見えなくなってしまった。
  半信半疑なのは仕方が無いのがこの仕事なのであるから・・・・・




 それからまた次の相談者が来る。今度は若い女性の二人連れ。その一人の女性が、
 「私はいつになったら結婚できるかわかりますか? そして相手はどんな人かもわかりますか?」と質問する。


「はい、わかりますよ、見てみます」と言い、お顔を詳しく拝見すると何のことはない、すでに交際している人がみえ
たので、
 「貴女にはもうすでに決まった人がいて来年には結婚と出ていますよ」と告げると、二人とも
 「えっ、どうしてわかるの?」とビックリした声を挙げたのである。手相などではわかる筈も無い霊視での力・・・

 そして当てたことによりこちらを信じたのかはわからぬが、もう一人の女性も恋愛の相談になったのである。

 それからこの二人連れが帰り7人のお客が来て終わった時には夜中の2時前になっていた下通りの繁華街。

 終わると焼き鳥で一杯と考え、いつもの飲み処へと足が向かうのを止められなかった。

戻る