龍神堂本部


  
今日は少し早めに街に出掛けて行った。いつもより少し早いせいかまだいつもの商店は営業中である。仕方なく閉店している店の横に出店した。

 日曜日ということもあってここ下通りの商店街はどこもかしこも大賑わいである。デパ-トの紙袋を下げた買い物帰りのお客、家族連れであろう子供が嬉しそうに親と手を繋いで歩いている、買って貰ったのはオモチャであろうか。そして若い人特有の派手な格好をしたカップル達も皆楽しそうに話しながら歩いている商店街。そんな中に混じって少し酔った足取りで隣の人とぶつかりそうになる男性、楽しい酒であればいいのだが・・・

 それから間もなく「見て下さい」と女性の声、若い相談者である。いつもの如く
 「はい、何をみましょうか?」と返事をすると、
 「実は今交際している彼が嘘ばかりついて私を困らせるのです、今日来たのはどうして嘘ばかりつくのか、その理由を知りたくて来ました、わかりますか?」との事。

 「理由が何なのか見ればいい訳ですね、わかりました」と返事をする。この手の相談は本人の思い込みや勘違いなども多くあり、見るのは簡単でも説得が難しいことも多い、そこで見てみると、どうもその男は賭け事が好きなようで金に関する災いの多い生まれと出たので、
 「これはお金が絡んでいまして本人には借金があり貴女にはそれがバレないようにするために嘘をつくようです」
 「えっ、本当ですか?」
 「はいそうです」と答えるとともに本人に聞きただしてみたらどうかとも伝えた。すると、
 「わかりました、一度聞いてみてそれからまたどうするかお聞きしに来ます」と言い、見料を置くと足早に立ち去って行った。

 嘘は一度つくと次から次につかないといけなくなる、少しの嘘や思わぬ行動が原因で壊れる男女の仲。
対人関係しかり。


 続いて来た相談者は男性の二人連れである。いきなり黙って手を差し出す、こちらもその手をとり運勢を
みてみると、障害線が出ているではないか、そこで
 「仕事と云うか商売が暗礁に乗り上げていますね」と言うと
 「ほっ、良くわかりましたね」と言うので、
 「ほら、この線に出ていますよ」と言い示してあげると、もう一人の男もみてくれと言うので見てみると、
こっちの男にも出ているではないか、
 「一度原点に返り見直すようになりますね」と言うしかなかった。おそらくこの儘では閉店することになるであろうが最後迄進んでいくと見た。

 続いてきたのは中年男性、歳の頃50位か、
 「見てくれませんか?」との事で顔を見れば不幸の相がでているのがわかる。そこで何も聞かず、
 「顔色が良くなく注意とでていますが?」と答えると、
 「えっ、どうしてですか?」と言い、身を乗り出すので、
 「あなたには人から怨みを買う相が出ていて近々良くない事が起きそうですが」と言えば、何か思い出したようで、
 「それはもしかしたら不正の件かもしれませんね、今不正を追求している事があります」と言われる。

 
「充分注意して処して下さい、貴方の体力と感の良さでしたら避けれるでしょう」と言うと少しは笑顔になり、
 
「いつも注意はしていますが今日は指摘されましたのでまた気を引き締めて行きますよ」と言われ、見料を置くと、急ぎ足で下通りの人込のなかに見えなくなった。
 
 時計を見るといつしか深夜の1時を過ぎておりもう今夜は帰宅の途に就いた。 


 
今夜は9時前には下通りに着いた。しかし余りにもお客が付くので師匠は良い顔をしていないのがわかる。自分を含め他の者の嫉みの心を読んでしまう。出る杭は打たれるの例え通りであるが、そんなことで挫けるほどヤワナ心は持ち合わせていない。また相談者の方も場所を移動したとしても、その移動した場所にはすぐに訪れるものである。それだけ他の者は暇なのである。それがこの道の実力の世界となる。ただ、師匠や他の者とトラブルになることは避けるため、この場所も他の場所へと移すことを考えていた。しかし今夜は既に6人のお客が訪れているのだ。そんなことまで考えながら街にて人の相談に乗っているともう深夜の1時であり帰宅の途に就いた・・・・・ 


続きを読む

back