龍神堂本部
 いつも思う事だが世の中にはいろんな人間がいる、占い相談をして自分に都合の悪い答えが出ると途端にこちらに対して機嫌
が悪くなる者、自分の都合でばかり物を言う者、こちらをまるでサ-ビス業のように見る者、通り過ぎながら悪口を言う者、まるで、
近所の他人に迷惑を掛け続けている誰かのように,映っていることもわからぬ無知蒙昧者達・・・・・しかしなかには素直にこちらの
意見に従い物事を実行に移す人もかなり多い

 この下通りでの街占渋谷道玄坂で行っていた時とはまるで違うのである。やはりまだ熊本はファッションに関しては都会並にな
ったが県民性は昔の○○の儘なのである。

 それからしばらくしてひとりの相談者が立つ、中年婦人。
 「何を見ましょうか」と声を掛けると、
 「運勢を見て下さい」との声が返ってきた、そこではいと答えおもむろに断易にて占断してみると、出たのは夬

 「人と気まずいことがあり争いになっていますね」と言うと、
 「どうしてわかるの?」と言われるので、こちらも、商売ですから見ればわかりますよと自慢気に言うと。
 「では今後どうなりますか?」と聞かれるので、どちらも折り合うかは難しいが救神応援にて、
 「近々第三者の力を借りて問題は解決へと向かうようですがまだ一年位はかかるようです」と答えた。

それを聞くと
 「そうでしたか、わかりました」と言い少しは明るい顔になり、見料を机の上に置くと急ぎ足で人混みの
中に消えて行った。

 運命は紙一重、知り合いに見て貰う処を聞いたばかりに無力な店を紹介されて余計に不運になる者、行者の真似事をして不幸
な死神に取り憑かれ奈落の底に落ちて行く人、深夜遅くまで周辺に騒音をたて迷惑を与えているのに平気な者、障害者の振りをし
て年金を騙し盗む者、善良な老人の親切心に付け込み金を騙し盗る者、生活と金の工面をさせ続け最後は葬式にも知らんふりを
決め込む外道、お祓いと称して他人を騙し自分が悪霊にとり憑かれ病の床に伏せる者、様々である・・・・・・・・・


 こちらが返事をしないから知識がないと思う女客の浅はかさ、電話だと顔が見えないからとクダラヌ質問ばかりしてく句打羅濡女
蛇を見に行けば金持ちになると思う愚かな考えの大衆と天部の神の怖さを知らぬ浅慮な人間達、恵方巻きと称して巻き寿司を食
わせる蛙捕な神社・・・・・・・・

 今夜は大雨になりそうで帰りがきついので早めの帰り仕度を始めていたら案の定大きな粒状の雨になりだした。
ここ下通り新天街はまだ一部アーケードが未完成のところがあり雨には難儀な場所である。



 次の日は多くの人手が予想されたので早めにここ熊本下通りに店を出した。他の宗教の雑占輩もいなく、今日は楽に稼げる筈で
ある。

 見台を組み立てていると直ぐに「みてもらえますか」とひとりの女性、
 「どうぞ」と応えてすぐにローソクに点火し終えて占断した。すると出たのは火雷○○を表出、そこで

 「今貴女は人とトラブルになっていて困っていますね」と言うと、
 「そうです、どうしてわかるのですか?」との言葉が返ってきたので、
 「それはなんでもわかりますよ」と返事をした。そしてその女性が言うには

 「もう行き違いばかりで最近はとても厳しい状況なんです」と言う。そこで
 「これは黙していても解決はしません、ガツ−ンと言うかそれでも駄目ならば裁判にまで持ち込む事も必要です」と伝えると、

 「そうですか、私もそうした方がいいかなと思うようになっています」とのことで、
 「とにかく一筋縄でいくような相手ではありませんよ」と応えると、わかったようで、
 「お世話になりました」と言うと見料を置き新市街の方向へ帰って行った。


 世の中人がいる以上そこに何がしかのトラブルが発生する、それは事故や事件へと発展することもあるが、どう対処したらいいの
かを見るのも、この占断の役目でもある。今回の問占者も今回は三角関係であると読んだ占断をした。



その後少し過ぎてからきたお客、
 「見てもらえる、聞いて来たんだけど」と言う。
 「はい、紹介の方ですね?」とこちらもその女性の顔を観察しながら応える。しかし、どうも暗い容・影が見えるが気にせずに、

 「金銭関係でしょう?」と言うと図星で、
 「あら、わかるのね」と言われた。そこで直ぐに占断してみると出たのは 「困」 なるほどと思うが周易では凶であるが、断易では
必ずともそうとは限らない。

 「今は良くなくとも必ず金運がやってきます、それは世を助け財旺じる歳、あと1年半くらいだと思われますので今のやり方を少し
変えれば良いと見ますので、協力しながらやって下さい」と言うと、
 「そうね、やってみるわ、お店の経営も人任せを改めてみるわ」と言うと飲み屋街の方向へ帰って行った経営者であった。



 その後暫くして来たのは男性客、黙って手を出す。こちらもその手をとり拝見、すると頑固な性格であることがわかる。そこで
 「あなたは少し頑固なとこがあってその事が時々障害になりますね」と言うと、
 「そうだな」と返事をしたので続いて占断しようとしたら、

 「なんで若いのにこんな仕事をしているのか?」と言う。 こちらが余りにも若いので、いい若い者がこんな仕事をしなくても、と
思ったのであろう。しかし若かろうが何だろうが人の仕事に余計なお世話であるが、そんなことは考えないようだ・・・・・

 周りを見ても老人や年配の者ばかりなのでそう思ったのかもしれないが。そして、もし良かったら家で働かないかとも言うので、
 「それは無理でしょうね、」と答えると、相談の話はそっちのけになり、
 「じゃあ、これ」と言って見料を倍の金額を置いて帰って行った。

 裕福な者から見ればこちらはアウトローになるのであろう。

 家が商売をしていたと思う長男で確か葬儀の会社だった・・・・・・・いろんな人がいるのもこの街占である。




 続いての客
 「どうだろうか負けが混んでいるのだが」との相談、即座にレースと読んだ。ヤラレテばかりでもう300万円も借金を作ったと
言う・・・・・今なら自業自得と言うかも知れぬが当時は血の気が多かったせいか引き受けることにしたし、相手を打ち負かし盗ら
れた300万円分を取り戻したいとの欲求も沸いて来たのは易とは利得であり,自己の願望を叶える為にどこまで可能か等と考え
引いては、また自分の腕がどれほどのものか、との挑戦でもあったため応じたし。相手は博打で稼ぐプロ集団でもある。
 もうおわかりであろうが、そのレースとは競輪である。

 そこで平凡な配当のレースは飛ばし大穴を狙いこの相談者に当たると言うことを知らしめるために10Rの中より二つのRに絞って
占断することにした。勿論ハズス事など想定していない。

 そして1Rを5ー6・5ー5・6ー6とし 6Rは3ー4・4ー4・4ー5 と占断しこれを買えるだけ買うよう伝えたのである。ただそうは
言っても明日しか結果は出ない。言い方を変えれば明日には結果がはっきりする。

 そして当日本人が伝えたのは3万円ずつ買ったとの言葉を信じるしかない、自分の占断では配当金は10000円以上から30000円
位までとみているので最低でも300万円以上900万円までにはなるはずである。

 そして早く結果を知りたく待っていたら午前11時50分電話が掛かり、

 「当たりました! 当たりました!」と喉もはちきれんばかりの声である、そして2番目に知りたい配当金は、なんと9800円である。
30000円買っていたら294万円の勝利である。自己の占断がやはり正しかったことがこれで証明されたのであるが、しかしこれに驚
く暇はない、あと6Rが残っているのである・・・

 そして期待をしながらこの6Rの結果を今か今かと待っていると3時前に掛かった電話も声が踊っているではないか、この6Rも
見事に的中して付いた配当金はなんと22100円と云う大きな配当金になったのである。したがって30000円購入していれば663万円
となるのである。

 続く
 


続きを読む



街占