街占物語   龍神堂本部

C
 何時見ても変わらぬここ下通りの風景、何が起きようと我感知せずの都会とは違い他人のことには何でも関心を持つくせに自分の事は例え指摘されたとしても、なんにもわからぬ県民性・・・?

 今夜も売卜の為にここ下通りに店を出して早1時間、未だ誰も来ず暇なので持参した本を読んで相談者の御到来を待つことにした。
 それからしばらくして「こんばんは」と声がしたので顔をあげると目の前にひとりの女性が立っていた、今夜の最初の相談者である。
 「はい。何を拝見しましょうか?」と声をかけると、
 「わたしの今後を見て下さい」とのことである。 また腕試しかと思い少し腹が立つ自分がいるが、これも売卜の為には仕方のないことと割り切り見てみることにした。断易にて卦をたててみれば山火賁を表出、
やはりと思い
 「あなたは今三角関係で苦しんでいますね」と切り出した、するとあっさりと
 「そうです」との答えが返ってきた。動爻あり世爻も剋去されいずれはひとり飛ばされ傷つく身、しかし今それを言ってもこの人相では聞く耳持たぬであろう、しかし、
 「今後は心の戦いが増しあなたも相手もその戦いに巻き込まれて後悔の人生を送るでしょう」と答えるしかなかった。
「その先はどうなりますか?」と更に質ねてくるので、
 「行き着くとこまで行くでしょう」と断言した。


 何でも自分だけが良ければそれでいい社会の風潮、他人に迷惑をかけていてもそ知らぬ振りで済ませる誤った社会、他国から領土を乗っ盗られても奪い返すこともできないこの国とおんなじ人間の業とその欲望・・・理想ばかり言い続ける既存の宗教、自分は苦労することがないため何にも知らぬ代表・・・

 占断が自分の気に入らぬ答えであろうか、見料をさっと置くと黙して帰って行った。
 いつも思うがこの仕事はサービス業ではないのだ・・・


 続いて来たのは男性、物腰柔らかそうであるが果たして、
 「実は昨日スピード違反をしたようで捕まりますでしょうか?」との問占である。それは違反すれば当然オービスが反応するであろうと思うが仕方なしに占断すると、
厳しい顔が出ているではないか、従って、
 「もう無理ですね、ここ2〜3日位にハガキが届くでしょう」と伝えると、とても困った顔になり
 「なんとかできませんか?」と喰い下がるので、
 「これはもう駄目です、しかも公務員などの場合にはその職業を知られてしまいますし報告されますので」と答えるしかなかった。

 飲酒・スピード・無免許を交通3悪と呼ばれて久しい。どうしようもないので認めてスッキリしたがいいことを伝えるしかなかった。

 熊本の県民性か、他人の事にはなんでも干渉し続け誤った知識を吹き込まれているにも係わらずそれを信じ続ける、またその行動は全て把握されているにも係わらず何にも知らないと思う無知蒙昧人物、わざわざ隣の市にまで越境して深夜まで他人に迷惑騒音を撒き散らす外道・・・・  そんなこんなを思っていたらもう帰る時間が過ぎていたことに気付き急いで帰り支度を始めたここ下通り商店街であった・・・・・・・


 
翌日もここ熊本下通りに店を出した。師匠の信頼にも応えなければならない身、しかし他の者は手相や人相で見るのだが自分は何でも構わない。断易でも構わないし、霊視で見ることも多い。他人がどう思おうと関係ない。

 さて時刻は夜の9時になり下通り一番の通行量の多い池田屋近く。今夜の最初のお客は男女二人連れ。恋人同志なのか手をつないでの相談である。
 「俺たち結婚できるかみて下さい」と言う。はいできますと言いたいがそんなに人生甘くはない、そのことが顔に離宮に現れこの二人が今年までもてばいい方であると見てしまう。そして、
 「拝見しましたがどうやら障害が起きて停滞運が来るようです、しかし頑張っていかないとなりませんね、」と答えるしかなかった。すると、
 「そうなんですか?」と言い二人で顔を見合わせていたが、その顔は疑いそのものである。そして見料を置くと帰って行った。当たれば来なさいと言いたいがめんどうである.
来たいときは来るだろう・・・・・


 次に来たお客は県外でモデルをしていると言う女性の二人連れ。流石に背も高くスタイルも抜群なのがわかる。知りたいのは仕事と異性のことと視た。すると、
 「今仕事が○○なんですが今後はどうなるか見ていただけますか?」と流石に言葉にも品格あり。直ぐに占断すれば、大有の泰にいく卦が出た。そこで、
 「これは心配いりませんよ、今のまま努力をして行くことで周囲にも今以上に認められて行きます」と答えた。すると、
 「わぁ、そうなんですね!良かったぁ」と言われて、こちらも占断の仕甲斐があると云うものだ。そして彼氏のことを聞こうとしたらもうひとりの女性が急ぐこともあり、
 「また今度お願いしますね!」と言う。こちらも、
 「わかりましたまた熊本に来られたら気軽に来て下さい」と言うと、見料を払い帰って行く二人のモデルさんであった。
その後暫くした或る日テレビにこの二人が素敵なファッションで出演しているのを見た。


 翌日は少し早めに家を出てここ銀座通りのはんこ屋の並びに店を出した。今日は店舗が休みの為である。営業中であれば迷惑になるのである。周りの景色も日中でもあり日暮れまでにはまだ時間があるため通行する人もまだ仕事をしているのがわかる。そして見台を組み立てていると早速の相談者である。
 歳の頃30代と見た何か商売をしていると思う。
 「見てもらえますか?」と言葉も丁寧な人である。
 「はい、大丈夫ですよ、何を拝見しましょうか?」と答えると、こちらが意外にも若いので、あれっと思える表情が顔に出たが、やはり、
 「今商売をしているのですが、これから先どんなものでしょうか?」との質問。すぐに占断すると、大有を表出、
 「今は非常に神経を使いますね、そして忙しくもあり実益が今イチかと出ていますが」と答えると、
 「はい、まさしくそうなんですよ」と言う。そこでこの人の店舗の南側が明るさを少し遮る景色が見えたので聞いてみると、やはり遮る物を建てていたので、
 「これは商売に良くありません、できれば取り壊して明るさを取り入れていただくと商売にはプラスの効果が起きてきますので」と答えると、
 「そうなんですね、私も気になっていました」と言われ、近々取り壊すことで帰って行かれた。少しでも売り上げを増やして行くのも経営者の考えであるのだ。


 それから来る客は酒臭い客ばかり、酒に酔って自分の大事な運命を見てもらう気持ちは充分に理解する気持ちにはなれないが、これも街占の宿命であるから仕方ない。こちらがまだ若造だから遊び半分で依頼するのかも知れないが金はかかるのだ。
 そんな客が帰ったあとひとりの女性が目の前に立つ。すぐに訳ありとわかる。顔は悲しみが表出しているのだがとてもきれいな人である。そして、
 「みてもらえるかな?」と言う。
 「はい、大丈夫ですよ」と言えば、直ぐに手を出す。
 「何か出ていますか?」と、こちらを試す。若い占い師なので試されるのは毎度のことみんな最初はそうなのだ。そこで、
 「貴女は気分屋ですね、そして気に要った人としか仲良くなれないでしょう」と言うと、
 「あら、そうなのよ、わかるんだね」と言う。そこで隠していることを当てて度肝を抜いてやることにして、
 「貴女は男性遍歴が多く今回もその男性とのこと、つまりトラブルになっていることを聞きに来た訳でしょう!」と断言したものだから、
 「へぇっ!どうしてわかるの!」と言い流石にビックリ仰天させることとなった。
 そんなこともわからずにここに出していると思うのか?
 それから質問事項を次々と的中させた為に、終わると、
 「いまからごちそうしますからお食事いきませんか?」と言う。しかし今夜は他にも待っているお客が並んでいるためお断りしたのであったここ銀座通り商店街の一角・・・・・・



 次の日は再び銀座通りに出した。ここに出すようになってお客もいつしか増え時には待ち順番が出来るまでになった。そんな或る日取材をうけそうになるが断った。この仕事は光の舞台に立つような仕事ではない、地道な裏方の仕事であるし人前やテレビに出て人の注目を集めるような簡単なそして気楽な仕事ではない。その辺にいるテレビ出たがり占い屋ではなく自分としてはそれらのチャラ占い屋とは一線を画しているのであるから・・・・・
 
 さて今夜もここ銀座通りの松藤会館横の通行人の多い場所に出した。周りは飲み屋ばかり、すぐ横を流しの親子がこちらの顔を覚えているのか会釈をしなが通り過ぎて行く。
 その時「こんばんは、見て下さい、いいですか?」と若い女性の相談者。
 「はい、いいですよ」と応じて、その手をとり手相での鑑定が始まる。
 女性らしい色の白い手をしているが運命線はまっすぐに伸びておりこれは職業婦人運といい仕事が中心の運命であり、結婚をみてもらいたいのだろうが、そんなにうまくは行かないことがわかる。そしたらやはり、
 「わたしは結婚できますでしょうか?」と聞いてきた。そこで、念のためまたこの相談者の大切な人生のためにも断易で占うことにした。すると、
 「他に出してる人のように手相だけでみるのではないのですね」と言う。
 「そうですよ、真実追求のために僕は妥協はしません」と応え占断。
 
坎為水を示現した。これは不思議と恋愛の卦であり昔から人関係にて情交に溺れるとの象意がある。今この相談者にこれが出たと云う事はその未来の姿を表すため、
 「これからは人間関係、特に口のうまい男と家庭持ちの男には注意して下さい、貴女を破滅に導きますので」と伝えると、
 「そんなのがでていますか?」とビックりした顔になったのである。おそらく1年半から2年半くらいの間が注意と思われるのが、断易では来年9月と出たが強く伝えた。またそうなったらここに来るだろう。そして占断が終わると電車通りに向かって帰って行った。


 それから次のお客は男性3人連れ、黙って手を差し出す。他にも出している天理教の手相見同様こちらも同じ仲間の手相見と勘違いされているのがわかる。そこでわざと
 「易占いしかしません!」と応えると、
 「仕事のことを見れますか?」と言うので、黙して占断。乾を示現、これは強力なのが出たなと思うが一般の者には凶。そこで、
 「今色々と駆け回っていますがなかなか実りがたく苦労も多く競争相手も多く見かけよりも困難さを伴いますね」と伝えると、
 「そうですが」と言い的中したことがわかる。またこの卦には世も応も父母を持ち周囲は年配の知恵男との戦いになっている。それらを話すと色々と打開策を聞いてくるが、期待ばかりさせてその辺のアホ占いではないので、
 「これは退却ですね」と伝えると、時間がないのか見料をはらうと帰って行く3人であった。



続きを見る


BACK