相談実例165

 「おはようございます予約していた者ですが」と声がするので出て見ると先週電話で予約した人であっ
た。すぐに御神前に通して話を聞けば、
 「他のところで憑き物がいて貴女を苦しめていると言われました」と言われる。

 霊に関する相談は五萬とあるがその中には自分の思い込みなどもあり、その全てが霊的な祟りばかりで
はない。
世の学者や他国から来てる浅慮者や見えないヤカラには話す必要もないが、祟りをうけている人にとって
は、時に生死に関わる事もあるので注意が必要だ。

 そこでこの人をみれば霊のサワリなど無く他人の金儲け男から言われたことで自分の思い込みになって
いるようだ。そこで、
 「貴女には今みても霊的なサワリはありませんから大丈夫ですよ」と伝えた。すると、
 「本当ですか?それなら安心しました他のところで言われたものですから・・・」とのこと。
 霊的な原因は存在はするのであるがそれが全ての人に起きる訳ではない。他の事が原因の場合も多い。

 何でもかんでも霊のせいにして金を巻き上げ金儲けをするヤカラがあちこち潜んでいる。実際に見えも
しないのに悩む人を苦しめたり見ることもできないくせに霊のせいにする。

 今回この相談者は危うく詐欺に遭うところであったが安心して笑顔で帰られた。
 世の中には神官や僧侶でさえ霊的なことに対して無知なために相談者を益々苦しめたり本当の原因を
突き止める事もできない無力なヤカラがあちこち潜んでいる実例である。



相談実例166

 今より15年も前に相談を引きうけた人からの相談であった。名前もすぐには思い出せなかったが当時の
内容を聞いてみたら思い出したのである。またこちらを思い出して来堂された
その相談と云うのはやはり仕事のことであった。
 子供達も皆成人して公務員になって活躍していると言う。親としては安心であるのだが相談者は近々
○○になるために○○人生を考えていると言う。そこでそれぞれを詳しく拝見する為に御神前でみて
みれば、最初は良いが後では障害が発生して停滞運が訪れるようだ。それも身内からも起きるようで何
とも辛い形であるが、しかしその示された侭を伝えるしかなかった。すると、
 「そうなんですね、何か今考えると思い当たるところがあります・・・・」と、言われた。

 15年前に来ていても何回か来堂されており信頼感があればこそ今また来堂されたと思う。
 「光陰矢の如し」とは言うが、こちらも15歳も年齢を重ねその上にこの相談者の期待に応えなければ
ならない。そしてどう行動されるかはわからないが、
 「もう一度考えてからまた伺います」と言い帰られた。

相談実例167

 いつも相談者を連れて来る人からの電話である。
 「今日お昼になります・・・・・・」とのことで予約時間に来られた。その連れてきた相談者の顔は暗
いしなんとも家庭面が・・・・・である。言われることはわかり、御神前でみてみると、
この女性相談者が○○○なのである。これではきついし、また○○なのであろうから、
 「もうこれは決断して○○○を○○に」するようにと答えた。すると、
 「私もそう思いますよ」と連れて来た人も言う。その相談者もわかったようで、最後は、
 「ありがとうございました」と言うその目には、涙が光っていた・・・・・

相談実例168

 今日は店の名付け、店名に良き名前を付けて繁盛させたいと言う相談者。
 こちらも付けた店名が広く知られ商売繁盛に繋がれば一生残ることになり楽しみでもある。

 そこで真剣な気持ちで良い名前を選定した。漢字一文字で現わしピッタリの出来栄えとなっ
た。
 それから2ヶ月が過ぎその店舗の近くに行くことがあったので寄って見て驚いた。なんとこちらが選
んだ名前に送り仮名を付けた看板が掲げてあるではないか。これにはビックリしてその侭店舗に入り
経営者にお聞きしてみると、
 「辞典には送り仮名が書いてあったから・・・」と言われた。
 あれだけ調べて考えて付けた店名であったがもうどうしようもない。命名者よりも辞典を信じる人な
のであろう。元に戻すこともされないだろう。
 巷間にはネットに書いてあることを信じて命名して奇病や倒産を招いた自称プロ占い師の実例数知
れず。

 その後2年半程営業していたがいつの間にか看板の電気も消えたままになった・・・・・

 やはりいつもこの世の中には心ない連中がいて文句たらたら送り仮名を付けるべきよとか、こちらの
付けた名前など否定してその道の先生とか踊りや歌の先生とか言われてる連中でさえも、阿多魔の中
は○ポスである。

相談実例169

 朝の相談者予約で来る。話を伺うと家に何か霊現象が出て皆怖がっています、と言われる。そこで拝見
してみると女性の霊体がいる。それに付いて他にも二人の霊体がいる。
 これは亡くなった女性及び過去の亡くなった身内そしてこの女性の亡くなった両親のようだ。こんなに
霊体に囲まれていては皆怖がるのは当然だろう。心霊現象の続出である。
 そこで御祈祷をしてこれ等の霊体の追善供養も行い、もし届かないなら降伏させねばならない。

 そして終了後あと2日間行うことを約束して帰って頂いた。それから翌翌日に電話がかかり
 「お蔭で全然起きなくなりました、これでみんな安心して暮らせます、ありがとうございました」と
お礼の電話がかかってきた。

相談実例170

 「予約していた者です」、と相談者。御神前に通して顔を見れば疲れの様子が見える。これは近辺の
浮遊霊がこの人に覆いかぶさる容が見える。質問は、
 「近年身体が重く今日はお祓いをお願いしに来ましたと」とのこと。すぐに修法することにしたのである。
 祈祷修法後、
 「身体が軽くなりました、御神前でなんかとれた感じがしていました、ありがとうございました」
と言われ帰って行かれた。


相談実例171

 
今日の相談者は霊体に憑依されている人。霊を感じる波長がある人には時として起きることも
多い。役行者尊の力を借りて修法することになるが、なんと大きな男の霊体が、やれるものなら
やってみろ、とこちらをバカにする言葉を相談者の口を借りて発した。仕方なく降伏させねばな
らないと感じたが、かわいそうとも思えるが同情は禁物・・・成仏出来ずに他人を苦しめる魔物
 御真言の力・・・・そして終了した。この間ウーウーうめき声をあげ験力に勝つ事もなく明る
い血のさした笑顔を取り戻しお礼を述べられ御夫婦で帰って行かれた。


相談実例172

 今日も朝から死人にとりつかれた相談者の来堂となった。供養や成仏を欲しがる霊の叫びを聞
かせられることは日常茶飯事であり験力により降伏させることが引いては相談者やその家族が安
心して暮らせることになる。

 
今日の相談者はまだ若い人であるが一緒に来た男性が言うには、他のところでやって貰ったけ
ど全然良くならず友人から聞いてこちらにお願いに来ましたとのこと。いつも答えるが験力のな
い者が行っても悪霊は馬鹿にするので効き目はありませんよ、と教えてあげる。霊魂などいない
と言う宗派に除霊や祈祷降伏など出来る筈もなく相談者も騙される・・・・・

 そしてこの相談者には○○○した昔の友人がとりつきこの人を苦しめているのだ。祈祷修法す
る事1時間経過。叫び声やこちらに反抗する態度も静かに消えて行き、いつの間にか振り乱した
髪も声も全ておとなしくなり生気に返り命が呼び覚まされたような感じとなり本人の姿に返った。
 軽くなったのか人が変わったようになり、ありがとうございました、とお礼を言うと二人で帰
って行かれた。

相談実例173


 夜になると身体がきつくなり先日はマッサージにも数回行きましたが変わらず友人が見て貰っ
たらと言うので今日はお伺いしてみました、と言われる。
 神前にて見れば○○○の出現、しかも男の死に装束。炊事場から侵入しているようだ。そこで
聞いてみると、
 「それが夜中に冷蔵庫のドアが開く音がしたり、炊事場の入り口がガサガサと音がしたことが
何回かあります」と言う。
 そこでこの霊体の仕業とみて降伏祈祷を修法した。結果翌日には電話がかかり、
 「お蔭で体調が元に戻りました、ありがとうございました」とお礼の言葉を頂いた。


相談実例174

 予約の相談者、直ぐに入って貰うと死人の匂いがする。これはこの人が過去にヤバイ恨みを買っ
ていることがわかる。断ることもできたが当本部を頼り来堂されておりまた予約もされているの
で、割り切って見ることにした。
 御神前で視て見るとやはり恨みが出る、そしてその相手はもうすでに亡くなっているしかも自死
である。生前この人と○○の事が原因で○○○となりこの人の○○○での出来事である。しかし時
すでに遅し・・・
 暗い雰囲気になるがこの人には供養、それでも及ばぬならば祈祷を話したが、
 「また考えてから・・・・」とのことであった・・・・


 


相談実例1〜


BACK