相談実例、117


「予約していた者ですけど」と相談者。すぐに入ってもらい話しを聞く。

 その女性が言うには
 「なんかいつまで経っても、良くならず歳ばかりとっています」とのこと。
 顔色はそう悪くはないが地閣の曇りに夫妻宮の赤点あり成程と思う。つまりは今の住居に苦労し、
また夫婦の関係もうまくいってなく離婚を考えてきたのだろう・・・・

 そこで「何をみましょうか?」「御夫婦のことでしょう」「土地の干渉でしょう」と言い当てたので
 「わかりますか」と言われて御神前に参ると、

 この人の夫がこの相談者に生活費をギリギリ渡すため日々かなり苦労して買い物、食事と苦労している姿が出現、
それももう3年続くようだ・・・

 収入が限られているならそれはそれで辛抱しないといけないと思うがもう何年も続けば疲れることもある。
贅沢すればきりがない。しかし夫は自分の趣味には金を使い放題のようだから始末が悪い。

 そこで本人は別れて別な人生を過ごしたいようであり、それも一里あるかも?とも思う。


 人間の欲望は果てしないものがあり、なんでも願いが叶うならほんとうに幸せになれる筈であるが、
人生そんなに生易しいものではない。しかしこと生活特に金銭面においてはそれがあると、ないとでは
かなりの差が生まれるのも事実。

 そこでまた御神前でお聞きし、併せて御祈願すれば、眷属が願い事の用紙を預かり御本尊の前に差し出し
見せる姿が出現した。これはこの相談者の願い事、特に金銭の問題が解消して安泰になると云うことであり、
今御神仏がそれを示したのである。そこで、

 「お気持ちはわかりますが今しばらく辛抱すれば春が来て氷解しますよ、お金も安心な状態になりますよ」
と答えたので、本人は意外にもビックリしたまま、

 「えっほんとうですか?」と言う。それから今後の対応等伝えたことで、当本部を後にした・・・・


 その後半年が過ぎて「ごめんください」と地蔵堂前から声がするので出てみると、この相談者であった。

 「あのときはお世話になりました、やはり言われた通りになりました、今日はそのお礼に参りました、
ありがとうございました」と酒やお供物を携えてのお礼参りであった。




相談実例、118


 「電話での相談ができますか?」とのこと、少し電話が遠いので県外であろうかと思い聞いてみると青森
県と言う。

 そこでお振込みの件を伝えて相談に乗ることにした。聞けばこの相談者は商売をしていて今の商売の他に
何か考えているらしくつまりは副業のようだ。

 それが良いかどうかをみて下さいと云う訳である・・・・

 そこで御神仏にお聞きすれば悪いかたちが示された、この人が騙され大損をする様子がありありと示された。
そして掛かかってきた電話で、

 「これは見せかけの副業で必ず損をして大変なことが起きます止めておくことです」と伝えるしかなかった。
しかし本人は諦め切れない様子であるので更に強く伝えたのである。

 その後忘れていたら去年新聞でも報道された詐欺事件となった・・・・・・




相談実例、119

 「みて下さい」との電話、聞いてみるとこれも県外から。
 そこで電話相談のことを説明して後ほどかけてもらうことにした。その時の話しでは
 
 「家のなかで変な音がしたり、二階へ登る階段を誰か登る足音がするのですが何かあるのでしょうか?」
と言う。所謂霊現象を電話でみて下さいとのことである。

 わかりましたと言い御神仏にお詣りしてみればすぐに答えが示される、この人が住む壁の白い家の中に
男性の霊体が出現、この霊体のせいである。しかし
良くみればこの霊体は身内であることがわかる、つまり6年前に亡くなった○○であることがわかる。

 そして新潟よりかかってきたこの電話に出てその霊体のことを伝えると、
 「そうなんですね、わたしももしかしたらそうではないかと思っていました、ありがとうございました」と言う。

 これ以上の悪さはしないとみて「好きだった供物を持参してお墓に行きお詣りすれば良くなるはずですから」
と伝えた。

 「わかりました明日すぐ行きます」との返事であった。

 その後10日程して電話があり
 「全然音もしなくなりました、ありがとうございました」と明るい電話の声を響かせてくれた。


相談実例、120 

 まだまだ世の中には偏見が多い、この占い相談や祈祷と云う仕事にもやはり他の仕事同様偏見がある。何故なら
それはそのような過去の歴史があるからであり、まだ一部の外道連中が同じ事を繰り返しているからである。

 以前来た人の体調が悪くそれは悪霊の仕業であることを突き止めて直して感謝されたがその人が友人の身体が
霊に憑かれ易く仕事も休みが続くので奉仕の精神でその悪霊体に調伏祈祷を行
ったらすぐに改善し仕事にも行けるようになったのであるが、そんな人でも感謝するどころかあとでは「あんなの」
と言う仕末・・・・である。

 そしてこれも何度も経験済みであるが、下通りで街占していたときでも道行く特に女達がこちらを見ながら
「見てもらうと騙されるよ」と言いながら通りすぎて行くのだ.今迄どこか偽占いに見てもらい騙されて腕輪に水晶
・開運しない印鑑、不運掛け軸、開運しない改名などあらゆる品物を売りつけられて多額の金銭を巻き上げられて
泣いているからなのである。

 祈祷や祈願にしても資格も持たずに行い人を騙して多額の祈祷料を騙し盗るニセ者坊主達・・・・・日本国にも
他国の外道人種が紛れ込んでいるのも原因である。



 さて長くなりましたが、「母が今入院していてなかなか良くならず今日はみていただこうと思い参りました」
と子供からの相談。

 初めは1ヶ月くらいで退院と聞いていたのにと話される。そこで御神前でみてみると、

 この人の母が病室にいてその母の顔を覗きこんでいる子供が出現それも2人いるではないか。
 成程この子供が母の元へ来て悪さをするためにどんなに治療しようと回復せず治らないのであろう・・・・・

 そこでこのことをその相談者(娘)に話すと
 
 「そうなんですね、私が病室にいたときに子供の声が聞こえてきたことがあり、あれ、子供が入院しているの
かなと思ったのですが病院は小児科はない病院なので変だなと思っていました」と言われる。

 そこでこの子供の供養と併せて降伏祈祷を行い母親の病気回復と一日も早く退院できるように願ったのである・・


 それからまた1ヶ月が過ぎた日にこの相談者が母親と共にお礼のお詣りに来堂された。


相談実例、121 

「今日はどうしてもみていただきたくて伺いました」と相談者。祭壇前に入ってもらい話を聞いてみる。

 聞けば或る人物があることないこと言いふらしとても迷惑して困っていると言う。
やはりどこにでも住んでいる外道がいる、他人のことなどお構いなし、日本人なら外道な行いをしても直ぐ気付き
反省するのに更に酷くなるとのこと。
 この人にも原因があるのかと言えばそうでもないとのことである。ただ本人に思いあたることがなくてもこのよう
な事案は多い、成程人種が違う外道。

 そこで既存の宗教の如く「貴女の考えを変えなさい」等と当本部では言う訳がない。

 験力を現すか否かこのような外道には調伏祈祷を試みることにした。口では立派なことを言っても験力さえもない
と、笑われないよう半年間続けることにして様子を見てもらうことにした。
 
 その後電話があり「今どうも入院しているみたいです」と報告があったあと来堂されてまた御神仏にお供え物をさ
れて帰られた。
 御神仏はこの人にどこまで加勢をするのか?

 それから2ヵ月後また電話があり来るとのことで待っていると、
 「御蔭で解決しました」と言われるので聞いて見ると、

 「はい、あの入院のあとめっきり痩せ細り○○○が○○なりました、御蔭で本当にありがとうございました」との
お礼の報告となった。

 尚、この祈祷中に御神仏の眷属二人が現れて祈祷用紙を受け取り赤の絨毯が敷かれてある廊下を通り
曲がって奥に鎮座する御本尊の前に行きその祈願文を見せている姿が出現したのである。
     尚、当祈祷院では新規の祈祷や紹介のない祈祷は行っていない。


相談実例、122

 「職場でのパワハラを見てください」と、相談者。話を聞けば同じ職場の先輩にあたる人物から日常的に
いじめやパワ−ハラスメントをうけているとのこと。この人がまだ入社したての頃一度ミスをしたことがあり
それ以来日常的に始まったと云う。
   今まで我慢して耐えてきたがもう限界とのことで相談に来る。そこで御神仏にお願いしてみれば一度
会社の課長に「辞めます」と言い、その理由も話せ」と御神仏が言われた。
  
   そこで、このことを伝えるとともに、御神仏に願望成就と相手の降伏祈祷を頼んでみた。
  
  それから2ヶ月経過しどうなったか?

  会社もこの相談者の男性が辞めればすぐに人手不足となり大慌てとなり、その虐めていた男性は注意
されたことで反省したもののその後体調を崩し入院し課長も超多忙にさせられ取り敢えず相談者の願望は
叶えられたのであった・・・・・・・

 ◆験力を現さない・現すこともできない口先だけの祈祷はもういらないのだ、結果こそが真実である。  





相談実例、123

 「見てください」と紹介の者と訪れた相談者。御神前にて話を聞けば、
 「商売のことで困っていますがいつになれば良くなりますでしょうか?」との内容であった。

 この日は他にも待つ客がおりすぐに御神仏にお伺いをして見てみると、
 この相談者は賭け事が好きで商売の大事な収益を賭け事に使い段々と負けが込んで行き遂には借金で
首が回らなくなり、慌てる様子が映し出された。
そこで、
 「貴方は大事なお金を競輪などのレ−スに使い後には破産の道を歩くようですが」と応えたものだから
二人ともかなりビックリした顔をしていたが、
 「そうです、いつも負けてしまい、してはいけないと思うのですがなんとかしようと考えてはまたして
しまいます」
と言う。賭け事・博打癖は簡単には治らない。この人も行き着く先は破産か夜逃げが待つ姿が見えたので
かなり強めに言うが果たしてどこまで反省するかもわからない。しかしそれでは相談しに来た意味がない。

 そこでその対処方法をなんとか御神仏にお聞きすると、何と家にある金儲けの本やお守りを焚き上げろ
との御指示が示された。そのお示しの侭にこの人に伝えると、
 「はい、いろんなものをうけたり買ったりしてきましたが何にも変わりません」との事。そこで
それらのものを持ってこさせ焚き上げることにした。その量なんとダンボ−ル箱2箱もあった。

 次から次に騙されては購入させられてこの状態である。そして焚き上げて半年が経過する。

 今では博打ともすっかり縁が切れ家業の商売に熱心に努力する姿が見えた・・・・・・
 連れて来た人も、新規のお客が増えてこちらのお蔭で配達も忙しくなりましたと喜んでいた。

相談実例、124


 電話での相談である。電話で相談する人は肝心な部分や大事な事項は隠して聞く傾向が強い。そこで
御神仏にお聞きしなければわからないし相談にも乗れないのは当然である。

 この相談者もまさにそうであり「近年運勢が悪いのでどうしてでしょうか?」と質問する。
 そこで御神仏にお聞きしてみると、この人が山にある大きな木を伐採している姿が出現したが、この木は元々
神木であり近所にある小さな祠を守るために修験者が植えていたものである。それを伐ってしまったのである。

 これはこの侭では運勢が悪いどころの騒ぎではなく命を落とす姿がでたのでそのことも伝えたが本人は
また考えてみますと言い電話を切ってしまった。
 その後聞いたところによると、その日の夜中から高熱にうなされ救急車で病院に運ばれた。ビックリした
妻の弟が駆け込んで来て祈祷を依頼したが1週間は生死をさ迷うが何とか一命はとりとめたとのお礼の報告
があった。


相談実例、125

 「他のところに行ってましたが余りにもセクハラが酷くこちらだと安心して相談できるのではないかと考えて
今日は来ました」と、言う相談者。見れば背も高くそれでいてショ−トパンツに胸も今にも見えそうなTシャツで来る。
以前大峯山に登った帰りに駅で外人女性から話掛けられたがこの女性も背が高くショ−トパンツにTシャツ、
この服装で弥山に登ったと言うので今回の相談者の相手をした時その当時のことが蘇ったのである。

 相談すると云う重要な場面なのに無理解な服装、これでは他所の生臭坊主などは直ぐにセクハラに走るだろう。
 弘法大師尊の嘆く姿が浮かぶ。

 また弥山と云う行場にしかもあられもない短パンで行くお国柄・・・・

 相談者には相談よりも服装でセクハラを誘発することを説教してそれからの相談になった。

相談実例、126

 「最近夫の体調が悪く先週も病院に行きましたが、年齢的なことはありますが特にどこが悪いということはありま
せんよ、と言われました。電話でもわかりますか?とのお質ねです。

 聞けば夫は60代で今までは何にもなく元気で過ごしていましたが、ここ最近体調が良くないと言い元気がありません、
とのことで後程また電話をかけてもらうことにした。

 世の中科学信奉者から見れば占い如きがと思う者も多いが、このHP実例で何百件も紹介しているように科学では
証明できない実例は枚挙にいとまがない。この相談者もおそらくであろうと電話中に思うが、すぐに修験道御神仏に
お聞きしてみる。

  そこに出現したのはこの男性と思われる人、妻が言うように元気がない姿であるが、なんとその男性を取り囲んで
出現しているのは既に亡くなったこの人の御先祖であり、そしてそこには亡くなりし
幼い子供もいるではないか。
そして酒盛りをしているのである。その囲まれた中心にいるのがこの相談者の夫である。それを見て、これは大変な
ことになることがわかる。このままでは1ヶ月もしない内にあの世に引き込まれて帰らぬ人になることを御神仏が
教え示したのであった。

  そして1時間後にかかってきた電話でこのことを伝えるとやはりビックリされて
 「夫も子供が何人も出て来て誘いに来ると言います」と言う。

 やはり示されたことは正しかった。そこでこの人の身を守る祈祷をお願いしたのである。
 すると、その翌日になんと急に元気になり今まで塞ぎ込んでいたのがカラオケに行き友人達と過ごしています、
ありがとうございました、とのお礼の電話を遠方から戴いた・・・・・・


相談実例、127

 「電話で見てください」との相談者、「どうかしましたか?」と言えば、
 「友人関係のことで・・・・」と口籠る。
 「わかりました、お振込み後にまた電話下さい」と言い電話を切って待つ。

  すると5分もしない内にまた電話がかかり、
 「あのぅ、主人が横から言うものですから・・・・」とのことで、成程すぐにわかった。
 相談者は妻、女性であり夫は男性であるから、妻に干渉して五月蠅いことを言うのだ。
 そして「人間努力だ」と言うらしい、「努力するのは当たり前であることは今どき小学生でも賢い人はわかる。
努力して定員以上の学校に入れるのか?

 努力して余命5日の癌患者が助かるのか?
 普通に街を歩いていた人格者がどうして通り魔に殺されなければならなかったか?
 努力すれば避けれたのか?小学生でも答えはわかる。

 この夫もその妻に干渉ばかりしているとその内大慌てすることがおきるのではないか?
 夫であればもう少し寛容な心を持ち妻に接するくらいの心の広さが必要だよ、別に相談するところは当本部
だけではないから、他にもありますよ。と思う、今日この頃である・・・・・・・・


相談実例、128

 「見て下さい」と相談者。御神前に通して座ってもらうと如来尊の出現、この人は仏道を志す人であることがわかった。
 そして、
 「何しろ今ひとつ恵まれないのは何か原因があるからでしょうか?それとも何かの霊障害があるからでしょうか?」
との質問である。

 人の悩みに国境はない、今の時代ただ黙々と仕事をしてれば良いと云う時代ではないのである。そこで御神仏に
お聞きしてみると外祭の祭祀してある場所の小川の流れが変化しているのが見える。
 御神仏が今までの位置が変わったことを知らせている。それを伝えてみると
 「確かに変わりました」
とのことで、「この流れを工事をしてでも元に返す必要があるようです」と答える。すると、
 「わかりました」と言い帰られるが、その後は聞いていないが良くなったのであろう、
そうでないならまた来られる筈であろうから。


相談実例、129

 「友人の紹介で電話予約していた者です、見て貰えますか?」と相談者。
 「どうぞ上がって下さい」と言い入って貰う。そこで言われるには、
 「いつも何か大事なことをしようとするとうまくいかなくなり必ず頓挫します、どうしてでしょうか?
何が原因でしょうか?」とのお質ねです。

 世の中うまく行くことよりうまく行かないことの方が多いのは識者の知るところ、何事もうまくいけばそれにこした事
はない。しかしこの相談者は全てうまくいかなくなると言うので何かの原因があるから
かも知れないと思うが先入観なしで御神仏にお聞きしてみた。世の中神や仏を信じない者から見れば何が神だ
御神仏だと言うが、何れその遺伝的体質や考え方も間違いと云うことに気付くことになるのであるから左程
気には留めない・・・・・また信じない人はわざわざ来堂しないから・・・・・

 さてお詣りしてみればこの相談者の祖父母が先祖から引き継がれた宗派を変えている姿・変な教えの○○と云う
物に変えている、そのため先祖が怒り狂いこの人だけでなく家中の人に色々な妨害を与えている、なんとも
恐ろしい現象が示されたのである。

そこで聞いてみると、
 「はいそれは母から生前聞いたことがあります」と言う。

 今回は原因を御神仏が示されたのでこの改宗と云うことを良く考えて御先祖の納得のいく形にして御供養をしな
いと何時までも良くはなりませんよ、と伝えた。すると、

 「わかりました、また参ります」と言われて帰られた。

 その後御供養の日取りの話になった。


相談実例、130

 相談を引きうけたがこちらは誠心誠意をもってやっているにも拘わらず佛教の教えの、
 「縁無き衆生」となる人もいるのは仕方ないことである。お互いがその時は納得していたにも拘わらず悪魔の囁き
によりそちらを信じて心変わりしたり、あっちフラフラこっちフラフラして遂にはこちらの出した答えを嫌い、楽な方向
へと心変わりする人もいるのはこの世の常である。

 霊障害の強い人はいるもので、その原因を掴み答えを出すことは簡単な場合と少し時間がかかる場合とがある。
自販機やテレビの見過ぎのようにパット行くと考えている人も中にはいるようだ。相手を信頼
出来ない人生相談や運命相談は成立しない。

 こちらではっきり答えを出したにも拘わらず他者の言うキツネのせいにされてしまい被害を
うけてしまい取り返しがつかない・・・・・一度信頼関係を失った場合には当本部ではお断りしています。

 昔から幾度となく繰り返されてきたキツネのせいと言う精神異常者の判断により殺人事件まで起きているのは
人の知るところ。見えもしないくせに理屈もわからぬ輩が引き起こす。
 世の中が金、金、拝金主義になっているので一儲けを企む輩があちこちで被害を引き起こしているので
善良な人は特に今後も注意が必要だ。

 人ごとだが外人観光客が沢山来るからと数百年続いた伝統ある神社の名称さえ変わる世の中・・・・
 

相談実例、131

 「最近気になりますので成仏しているか亡くした子供のことを見てください」と御夫婦揃っての御相談です。それ以上
のことはなんにも話されないのですがお詣りしてみればわかります。
 視れば1歳位の男の子供が、なんと賽の河原にいるではありませんか。そしてそこには鬼がいてまったく地蔵和讃に
表わされている景色その侭でした。子供が石を積んでもまたその積んだ石を取り壊す鬼・・・・

 「お子さんは1歳位の男ですね」と伝え御神仏より示されたそれらのことを伝えると御夫婦で涙されるのでした。
 そこで御神仏御宝前にて鬼から身を守りそして大事な御供養を誠心誠意執り行いました。

 それからしばらく経過した或る日電話がかかり、不思議なことに

 「お母さんお父さんありがとう」と言う子供の声が聞こえたと話されました。

 

戻る

相談実例、1〜